第31回新城歌舞伎

市内各地で連綿と受け継がれてきた村歌舞伎。

新城市無形民俗文化財として指定されています。

子どもたちによる一幕は新城歌舞伎の魅力です。

当日は古典芸能解説者 葛西聖司先生と東海学園大学特任教授 安田文吉先生を

お迎えして分かりやすく、楽しい解説があります。

 

日時

平成30年11月18日 日曜日

午前10時開場

午前10時30分開演

午後3時40分終了予定

 

場所

新城文化会館 大ホール

 

入場料

全席自由

一         般    1,000円

高校生以下       500円

 

チケット販売所

 新城文化会館 0536‐23‐2122

ピアゴ新城店 0536‐23‐3111

新城市教育委員会生涯共育課(本庁) 0536‐23‐7639

鳳来総合支所 0536‐22‐9931

作手総合支所 0536‐37‐2211

豊川市プリオインフォメーションセンター 0533‐89‐3000 

 

本年の演題

口 上  山・臼子歌舞伎

第一幕  鳥原歌舞伎
「棒しばり」

第二幕  山・臼子歌舞伎
「絵本太功記~尼ヶ崎閑居の場」

第三幕  山・臼子歌舞伎子ども
「五人男~稲瀬川勢揃の場」

第四幕  山乃手歌舞伎
「一条大蔵譚~塀外より御殿の場」
 

 

問い合わせ先

新城文化会館(午前8時30分から午後5時)
Tel 0536‐23‐7639


休館日 毎週月曜日
(祝日の場合は翌日以降の最初の平日)

第31回新城歌舞伎 [395KB pdfファイル]