子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

 平成25年4月1日より定期予防接種となり、新城市では対象者に予診票などをお送りしていましたが、平成25年6月14日付けで厚生労働省から子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨を差し控える勧告がありました。接種される場合は、有効性とリスクを理解した上で接種していただきますようお願いいたします。
詳細は厚生労働省・子宮頸がん予防ワクチンについてをご覧ください。(新しい画面が開きます)
 

子宮頸がんについて

 子宮頸がんは発がん性のヒトパピローマウイルス(HPV)の持続的な感染が原因となって発症します。性交経験がある女性であれば、誰でも感染する可能性があります。100種類以上の遺伝子がある中で、とくに発がん性が高いタイプ(16型、18型)の感染が問題となります。近年、20代から40歳代の女性に子宮頸がんが急増しています。HPVに感染しても多くの場合、ウイルスは自然に排除されますが、ごく一部で数年から十数年かけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症します。

ワクチンについて

 子宮頸がんワクチンは「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があります。ワクチンの接種で、16型HPVと18型HPVの感染や、がんになる過程の異常(異形成)を90%以上予防できたとの報告があり、これに引き続いて起こる子宮頸がんの予防効果が期待されています。

  • サーバリックスとガーダシルはそれぞれ接種間隔が異なります。
  • 必ず1回目に接種したワクチンで3回接種してください。3回接種することで予防効果が得られるため、最後まできちんと接種することが重要です。

 

ワクチン

サーバリックス

ガーダシル

予防できるHPV

16型、18型(主に子宮頸がんの原因) 16型、18型(主に子宮頸がんの原因)
6型、11型(主に性器いぼの原因)

接種方法

筋肉内注射

筋肉内注射

接種間隔

 

半年かけて3回接種

・初回接種を0日

・初回接種から1月後に2回目

・初回接種から6月後に3回目

 

半年かけて3回接種

・初回接種を0日

・初回接種から2月後に2回目

・初回接種から6月後に3回目

 

ワクチン接種のリスク
  1. 比較的軽度の副反応は、一定の頻度で起こることが知られています。
    ワクチン接種後にみられる副反応としては、発熱や接種した部位の痛み・腫れ、注射の痛み・恐怖・興奮などをきっかけとした失神があります。
  2. まれに重い副反応もあります。
     国では副反応については、接種の因果関係を問わず、報告を集め、定期的に専門家が分析・評価しています。現在、因果関係は不明ながら、持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されており、その発生頻度等について調査中です。
ワクチン接種後の注意
  1. ワクチン接種後に体調の変化があった場合には、すぐに医師に相談してください。
    接種針を刺した直後から、強い痛みやしびれなどが生じた場合は、すぐに申し出てください。また、ワクチン接種後に、注射の痛みなどをきっかけとして失神することもありますので、接種後30分程度は、イスに座るなどして様子を見るようにしてください。
    予防接種当日は、激しい運動や入浴は避け、接種部位を清潔に保ち、体調管理をしっかり行ってください。
  2. 副反応により、医療機関での治療が必要になった場合は、健康課へご連絡ください。