生活能力を得るために障害を除去・軽減する手術等の確実に効果が期待できるものに対して提供される、更生のために必要な医療(公費による助成があります)を給付します。

 身体障害者手帳の交付を受けている18歳以上の方で、確実な治療効果が期待できる場合に限られます。

手続きの窓口

  • 本庁福祉課
  • 鳳来総合支所地域課
  • 作手総合支所地域課

下記書類などをご持参の上、申請してください。

申請に必要なもの

  • 健康保険証(生活保護世帯の場合は不要)
  • 意見書(定まった様式)
  • 世帯全員の前年の市民税課税額証明書(省略できる場合があります)
  • 印鑑
  • マイナンバー

手続きの流れ

  1. 申請者は更生医療指定医療機関で更生医療要否判定意見書を記してもらいます。
  2. 各窓口で申請していただきます。
  3. 要否判定後、申請者に判定通知を送付します。

費用負担

 医療費の1割が自己負担となります。ただし世帯の所得状況に応じて負担の上限額があります。また入院時の食事や差額ベット代等については自己負担となります。

その他注意事項

 更生医療は障害者総合支援法で指定された医療機関(更生医療指定医療機関)でなければ受けることができません。

給付期間を限定した医療給付です。