戸籍の証明書(戸籍謄抄本)や住民票などの交付請求、住民異動届に「本人確認」が必要となりました

平成20年5月1日から関係法令等を適用します

 

 平成20年5月1日から戸籍に関する証明書及び住民票などの交付請求書等について本人確認が必要となりました。

 このため、戸籍謄抄本や住民票などを請求される方等は、運転免許証などの本人確認書類(下記参照)をご持参ください。

 また、代理人等の方が請求する場合は、窓口に来られた方の本人確認の他に委任状も必要になるなど、戸籍謄抄本や住民票などを取得する要件や手続きなどが厳しくなります。

 なお、戸籍に関する届出における婚姻・離婚・養子縁組・養子離縁・認知の届出や住民異動届(転入・転出・転居・世帯変更等)についても、なりすましなど虚偽の届出を防止するために、本人確認を行なうことが法律的要件となりました。

  来庁される皆さまにおかれましては、ご負担をおかけすることになりますが、届出や申請が適正に行なわれるよう十分に注意してまいりますので、趣旨をご理解の上、ご協力をお願い申し上げます。

 

対象となる証明書
  1. 住民票の写し等の住民票に関する証明書
  2. 戸籍謄本・抄本等の戸籍に関する証明書
  3. その他市民課で発行する証明(印鑑登録証明書は除く)
対象となる届出
  1. 転居、転入、転出、世帯変更の届出
  2. 養子縁組、協議離縁、婚姻、協議離婚、認知の届出
  • 身分証明書をお持ちでない方は、ご相談ください。
  • 「届書に記載された届出人」で、本人確認できなかった方には、後日、郵便にて届出があったことをお知らせします。
  • 休日夜間等に届出された場合にも、届出があったことをお知らせします。

 

本人確認の方法

 証明書の請求や届出の際に、窓口へ来られた方や郵便にて請求をされた方が、本人であることを確認できる身分証明書(官公署発行の顔写真付の証明書で有効期限内のもの)を提示してください。

 顔写真付の身分証明書をお持ちでない場合は、健康保険被保険者証(保険証)、年金手帳などを複数提示してください。

窓口での申請

本人による窓口申請

1点で確認できるもの(公的機関が発行した顔写真付証明書)

    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • 在留カード、特別永住者証明書 
    • 身体障害者手帳
    • 住民基本台帳カード 等

複数必要なもの
(A+A)または(A+B)の組合せによる

[A]

    • 健康保険証
    • 共済組合員証
    • 国民年金手帳
    • 写真無し住民基本台帳カード
    • 後期高齢者医療被保険者証 等

[B]

    • 学生証
    • 法人が発行した身分証明書(国若しくは地方公共団体の機関が発行したものを除く。)
    • 国若しくは地方公共団体の機関が発行した写真付きの資格証明書(「1点で確認できるもの」で揚げた証明を除く) 等
代理人による窓口申請
  • 代理人の本人確認書類(「本人による窓口申請」と同様)
  • 委任状(委任する人が自署・押印をしたもの)

※住民票に本籍・続柄を記載する場合は、委任状の他に「委任する人」の本人確認書類(写しでも可)も必要となります。ただし、委任状に本籍・続柄が必要である旨の記載がされているときは「委任する人」の本人確認書類は必要ありません。

郵送による申請

本人による郵送申請
  • 本人確認書類(「本人による窓口申請」の1点で確認できるもの、又は複数必要なもの[A]のうち現住所がわかるもの) 
代理人による郵送請求
  • 代理人の本人確認書類(「本人による窓口申請」の1点で確認できるもの、又は複数必要なもの[A]のうち現住所がわかるもの
  • 委任状(委任する人が自署・押印をしたもの)又は疎明資料(契約書の写しなど)

※住民票に本籍・続柄を記載する場合は、委任状の他に「委任する人」の本人確認書類(写しでも可)も必要となります。ただし、委任状に本籍・続柄が必要である旨の記載がされているときは「委任する人」の本人確認書類は必要ありません。

ご不明な点は、市民課までお問い合わせください。